島根 三枝子 Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
この度、東日本大震災で被害を請けられた方に心からお見舞いを申し上げます。
テレビは連日被災地の様子、
募金活動などの支援状況を放映している。
『がんばろう日本』の声が聞かれると、
ひねくれ者の私としては何を頑張るのだろうと思う。
親を亡くし兄弟を亡くし友を亡くした人、
もちろん前向きに頑張ってくれるといいと正直思う
でも、ちゃんと事実を受け止め、いっぱい泣いてほしいと思う
しっかり者になったり、気丈に振舞う前に、いっぱい泣いてほしい
今まで私は多くの親や子供を亡くした人に出会った
何年も抱え苦しんでいる人を知っている
その人たちはあまりの辛さに、抱えきれず、
受け止められずいつの間にか自分の気持ちをごまかした
いつまでも立ち直れないでいる
悲しい、辛いそのときは思いっきり泣いたほうがいい
隠れてでもいいから
涙が流してくれるはずだから

私は募金をすることになぜか抵抗を感じている
なぜなのかいまだに、自分にきいている
先日息子はある青年を家へ招いた
昨年、青森の八戸の彼の実家でとても歓迎を受けたそうだ
今回の地震では津波が実家の100メートルまで迫ってきたそうだ
幸い家族は無事だったとのこと
けれども彼はショックが大きく元気をなくしていた
息子はそんな彼を励ましたいと家に呼び、なかまも集まった
私のつたない手料理を出した
彼は一晩楽しんで元気になって帰った
私まで無事でよかったとうれしくなった
こんなに身近に感じても私はいまだに募金をする気になれない
もしかしたら、募金をすることは自己満足になってしまうからかもしれない
自分を生きること、生活することを考えてみたい
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。