島根 三枝子 Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
震災の影響は思いがけないことを多く生んでいる
でもいつもどうりの生活をするしかないこともわかってきた

今まで積み上げてきたものを津波はすべて海へ持っていってしまった
もし私だったらどうするだろうと、思わないわけにはいかない
私には何が残るのだろうか
そのとき絶対失ってはならない、気力は持っていられるだろうか
一時は呆然としてもいい
生きる気力を奮い立たせることができるだろうか

子どもたちは学校へ行くことを希望している
おとなは何か教えることがあるのだろうか
子どもたちは知っているのではないだろうか
何気ない日常の大切さを
生活することの大切さを
家族がいて、仲間のいる生活を
おとなはそんな子どもに支えられているのだ


私たちの時代は学校生活を終了すると仕事をすることが当たり前になっていた
特に男子は一生の仕事についた
やりがいのある、したい仕事に就くことはよいことだと思っていた
けれども、仕事にやりがいをもつことだけが生きることではない
いま人らしい生活をすること、家族を大切にすることが生きることだと知った
それは我が家で新しく家族を作ろうとしている、若者からみえてきた
彼は生活をすることの大切さを震災から学んだという
仕事は生活の一部だという
今の時代楽しい、やりがいのある仕事などないという
仕事となればすべてが大変なのだ
私は資本主義社会の限界が来ているのではないかと感じている

庭の花柄つみをしながら、いつもの生活に感謝し喜びを味わっている
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。